名刺の管理

名刺交換がわからなかった時代

名刺管理といえば、名刺交換やその交換に使われた回数、あと何枚残っているのかを管理することです。クラウドシステムによりこの名刺管理がしやすくなりました。 クラウドが発展するまでは名刺交換の時誰に渡したのかがわからず、交換相手の氏名などなかなか把握しづらくビジネスにおいても同じ名字の人と見分けがつかなかったりしていました。 また名刺の補充は自己申告制をとっており、自己申告をしない限り名刺の補充はできませんでした。名刺一つ一つにICチップを搭載するのはとても難しい話ですし、そこまでの予算もありません。そこで考えられたのが名刺管理をクラウドで行うということです。これをすることで今まで面倒だった管理がしやすくなりました。

中小企業でも使われるように

名刺管理をクラウドですることでソフトウェアで作る場合よりコストが軽くすみ、なおかつシステムの最新版を利用することができます。今後このシステムが世の中に出回ることで、中小企業でも簡単に導入できるようになり、殆どの企業がこの名刺管理をクラウドで行うようになると予測されます。 一括管理ができる上、数が減ったのであればその時に補充することができ、交換した相手の名前を記載することで同じ名字でも間違えず取り引きできるという大きな利点があるからです。 まだまだそこまで普及はしてはいませんが、今後の技術進化によりクラウドでの管理がしやすくなるように名刺管理を使いやすくなるのではないでしょうか。今後も注目するシステムです。