CONTENTS

データ復元

データ復元は個人だけでは限界があるので、業者に依頼するという方法もあります。一般的に2万円から6万円程度かかります。自分で復元する場合は外付けのhddケースにhddを入れてみて認識するか確認することです。

 Read More

名刺の管理

名刺管理は名刺交換で相手の名前を知ることや、自分が今何枚程度名刺を持っているか確認するものです。名刺管理はクラウドで行うことも可能です。一括管理ができることで、コストが軽くなり時間短縮できます。

 Read More

復元ソフト

予備保存媒体の確保とその注意点

情報社会と呼ばれる今日は非常に活発な情報交換が行われ、保存する情報量もまた増えてきています。急速に増えるファイルの整理整頓を怠ると、いざ特定のファイルを必要としたときにそれを発見することができず、作業に支障が出る可能性もあります。情報整理またはhddの頻繁なバックアップが推奨されるのはこのためです。今日はhddを始めとした情報保存媒体の大容量化と低価格化が進んでおり、一般ユーザーであっても長期的なデータ保存を目的とした予備の保存媒体を確保する事も容易になりました。hddのバックアップは様々な方法で行うことができますが、外付けhddなどに逐次保存する方法が主流です。しかし場合によってはこの外付けhddが故障する可能性もあるため、その復元のための知識などを予防策の一貫として学ぶ必要があります。また現代ではそうした復元作業に特化した業者が無数に存在するので、それらにhddの復元を依頼するのもひとつの方法です。

クラウドストレージを用いたデータ復元

今日はhddにデータ移行ないし復元ソフトが同梱されるようになり、以前よりその手順が簡略化されました。市販のソフトウェアも多数販売されており、大規模なデータ復元を行う際にはそうしたソフトが必要になります。個人情報や機密情報などはhddでの保存が適していますが、写真データや他の雑多な情報などはクラウドストレージサービスに保管するのもひとつの方法です。クラウドストレージサービスは例えばhddが故障してもインターネット上に保存されているため影響はなく、別の端末からも容易にそれらに接続してデータを復元することができます。この場合、外付けの情報媒体を用いずに行うことができるので頻繁に使用する雑多なデータなどはクラウドストレージサービスに保管するのが無難です。それにより復元作業の手間を大きく簡略化することができます。

おすすめ記事

システム

製造業向けERPが、製造業における情報の共有や時間の悩みを改善してくれます。製造業向けERPとは、別々にシステムとして構築していたものを、一元管理するというシステムのことです。

 Read More

情報処理の技術

情報処理技術の中にraidと呼ばれるものがあります。ハードディスクを2台以上並べてそれを1つのディスクとして操作を行うものです。raid構成のパソコンが壊れた場合は専門業者に依頼する必要があります。

 Read More

運用を行う

データセンターはサーバーやネットワーク機器を設置して管理、運用を行っている施設のことをいいます。専門的な知識が必要で、データセンターにデータを置くことで万が一の時にもすぐに復旧作業が行えます。

 Read More